M&Aや企業再生・民事再生、破産・倒産・相続のご相談(弁護士)

金子博人法律事務所(M&A・企業再生・民事再生・弁護士)

M&A・企業再生・民事再生の弁護士-金子博人法律事務所
法律相談について
弁護士のプロフィール
アクセス
民事再生、企業再生、破産、倒産とM&A
事業承継
相続
医療法人のM&A
学校法人のM&A
海外移転支援
第4次産業革命 IOTの戦略
為替デリバティブ(通貨オプション・fxオプション)
税務訴訟
知的財産権と著作権
不動産関係法-弁護士法律相談
旅行法
国際法務
M&Aセミナー
FAQ
お問い合わせ・法律相談
弁護士がこっそり教える「社長のM&A学」
成功する経営者の13項目
弁護士金子博人の
エッセイを、
雑誌Lawyersに連載中
金子博人のエッセイ
金利スワップ・仕組み債
の被害回復には
専門家の力が必要です。
金利スワップ・仕組み債 専門サイトはこちら
知財関係について提携しています。
鈴榮特許綜合事務所
法律事務所の利用について

4 調停事件を依頼された方へ
  1. 調停には、家庭裁判所での、夫婦、親子、親族間の家事調停と、一般民事事件の、簡易裁判所での民事調停事件があります。

  2. 打ち合わせの注意
    1. 調停では、準備のための打ち合わせが重要です。
      打ち合わせには、資料が豊かであるほど、効果があります。無駄と思っても、そのケースに関連するものは、持って来てください。必要なものをこちらで選びます(ご本人にとって、不必要と思っていたものが、そのケースの決め手になったことが、かつて何回もありました)。

    2. 打ち合わせで困ること
      @ 不都合なことを隠すタイプ
      代理人弁護士にとって最も知っておきたいのは、ネガティブな情報です。予め聞いておけば、事前に対策が立てられます。
      逆にもっとも困るのは、スタートしてから相手側より、ネガティブな事実が明らかになることです。これでは、勝つものも負けてしまいます。
      A 初めから決め込んでいるタイプ
      弁護士にとって最も困るのは、弁護士に相談する前に自分で決め込んでいるタイプです。このタイプの人は、相談するのでなく、御墨書きをもらいたいので、打ち合わせにならない。
      いくら説明しても、自分で決め込んでいる人にとっては、それと異なる説明は雑音にすぎないようです。
      後で、「あの弁護士は、何も説明してくれなかった」と非難する人がときどきいます。ところが実際は、たっぷりと説明を受けているのですが、自分にとって都合のいいことをいってくれなかっただけというのが真相なのです。
      「素人だから、聞いているのです」と反論してくる人がいます。実際は、初めから決め込んでいて、自分の決め込みと違う説明をすると納得せず、同じ質問を何べんもしてきます。弁護士も同じ解答を繰り返すこととなるので、もう何べんも説明していますよというと、この様に反論してくるのです。
      このタイプの人に対しては、法律事務所としては支援ができません。結局損をするのは、本人です。

    3. もっともいい結果を生むタイプ
      必要な事実関係を資料と共に、整理して説明し、当方の法的説明を理解しようとしてくれる人です。自分は法律には素人なので、専門家の説明をよく訊いて、その説明を基に判断しようとするタイプです。
      このタイプの人がもっとも、いい結果を得ることができます。

  3. 調停では、2名の調停員がつき、当事者から事情を聴いて、調整してくれます。それぞれ、別々に話を聞いてくれるので、相手と言い合うことはありません。調停は、本人が、弁護士と一緒に裁判所に行くことになります。

  4. 調停期日は、一カ月おき位に、まとまるまで、何回も期日を開いてくれます。しかし、調停がまとまらないとなれば、調停不調で終了します。調停は話し合いの手続きなので、まとまらなくても、裁判所は判断をしてくれません。

  5. 家事事件の多くは、調停がまとまらなければ、次に、家庭裁判所の審判手続きがあります。これは、証拠のもとで、裁判所の決定を得ることができます。離婚は、審判はなく、離婚訴訟をせざるをえません。
<< 前のコンテンツを見る TOP(目次)へ戻る  
   
 



[HOME] [法律事務所の利用について] [弁護士のプロフィール] [アクセス] [第4次産業革命 IOTの戦略]
[M&A] [民事再生、企業再生、破産、倒産とM&A] [事業承継] [相続] [医療法人のM&A] [学校法人のM&A]
[海外移転支援] [為替デリバティブ(通貨オプション・fxオプション)] [税務訴訟] [知的財産権と著作権]
[不動産関係法-弁護士法律相談] [旅行法] [国際法務] [M&Aセミナー] [FAQ] [お問い合わせ・法律相談] [ENGLISH]
金子博人法律事務所(M&A・企業再生・民事再生)
東京都中央区銀座8-10-4 和孝銀座8丁目ビル7階 [Google マップ]
TEL : 03-3574-8535 / FAX : 03-3574-7144


Copyright © 2018 金子博人法律事務所 All Rights Reserved.

M&A・企業再生・民事再生の弁護士-金子博人法律事務所