M&Aや企業再生・民事再生、破産・倒産・相続のご相談(弁護士)

金子博人法律事務所(M&A・企業再生・民事再生・弁護士)

M&A・企業再生・民事再生の弁護士-金子博人法律事務所
法律相談について
弁護士のプロフィール
アクセス
民事再生、企業再生、破産、倒産とM&A
事業承継
相続
医療法人のM&A
学校法人のM&A
海外移転支援
第4次産業革命 IOTの戦略
為替デリバティブ(通貨オプション・fxオプション)
税務訴訟
知的財産権と著作権
不動産関係法-弁護士法律相談
旅行法
国際法務
M&Aセミナー
FAQ
お問い合わせ・法律相談
弁護士がこっそり教える「社長のM&A学」
成功する経営者の13項目
弁護士金子博人の
エッセイを、
雑誌Lawyersに連載中
金子博人のエッセイ
金利スワップ・仕組み債
の被害回復には
専門家の力が必要です。
金利スワップ・仕組み債 専門サイトはこちら
知財関係について提携しています。
鈴榮特許綜合事務所
FAQ (よくある質問とその回答)

旅行法関係
  旅行中の事故、その他
    ・ 旅行中にバス事故があった場合、責任関係はどうなるのですか
    ・ 事故が起きたときに、特別補償金が出ると聞いたのですが...
    ・ 旅行をキャンセルしたら旅行業者から取消料を請求されました


旅行中の事故、その他


旅行中にバス事故があり、死者や負傷者が出た場合、責任関係はどうなるのですか。
  バス会社に責任がある場合は、バス会社が責任をとるのは当然です。このとき同時に、旅行会社が責任をとるかが問題でしょう。ことに、海外での事故の場合は、旅行者側が外国法人であるバス会社に責任を追及するのは困難なため、旅行会社が責任を負うべきかが重要となります。旅行会社の責任は、事故の原因で決まります。その原因がバスの整備不良である場合は、そのようなバス会社を手配した責任が問題となります。また、きちっと整備したバスを使用させて事故を防げなかったかが問題となります。

事故が起きたときに、特別補償金が出ると聞いたのですがどのくらい出るのですか。
  その通りで、その額は、旅行業約款により、死亡の場合、海外旅行では2000万円、国内旅行の場合1000万円。後遺症については、程度により死亡補償金の3〜100%。入院は期間により2〜20万円。携帯品は上限15万円(2005年4月より、一部増額されます)。なお、これらは、いずれも無過失責任です。しかし、実際の事故では特別補償金では損害の全部がまかなえないのが普通なので、海外旅行傷害保険が重要です。

旅行をキャンセルしたら旅行業者から取消料を請求されましたが納得できません。額が少ないので訴訟には馴染まないのですが、どうしたらいいですか。
  消費者センターや簡易裁判所の調停という手段がありますが、(社)日本旅行業協会(JATA)の苦情相談コーナーも効果的です。
 




[HOME] [法律事務所の利用について] [弁護士のプロフィール] [アクセス] [第4次産業革命 IOTの戦略]
[M&A] [民事再生、企業再生、破産、倒産とM&A] [事業承継] [相続] [医療法人のM&A] [学校法人のM&A]
[海外移転支援] [為替デリバティブ(通貨オプション・fxオプション)] [税務訴訟] [知的財産権と著作権]
[不動産関係法-弁護士法律相談] [旅行法] [国際法務] [M&Aセミナー] [FAQ] [お問い合わせ・法律相談] [ENGLISH]
金子博人法律事務所(M&A・企業再生・民事再生・破産・倒産・相続)
東京都中央区銀座8-10-4 和孝銀座8丁目ビル7階 [Google マップ]
TEL : 03-3574-8535 / FAX : 03-3574-7144


Copyright © 2018 金子博人法律事務所 All Rights Reserved.

M&A・企業再生・民事再生の弁護士-金子博人法律事務所