M&Aや企業再生・民事再生、破産・倒産・相続のご相談(弁護士)

金子博人法律事務所(M&A・企業再生・民事再生・弁護士)

M&A・企業再生・民事再生の弁護士-金子博人法律事務所
法律相談について
弁護士のプロフィール
アクセス
民事再生、企業再生、破産、倒産とM&A
事業承継
相続
医療法人のM&A
学校法人のM&A
海外移転支援
第4次産業革命 IOTの戦略
為替デリバティブ(通貨オプション・fxオプション)
税務訴訟
知的財産権と著作権
不動産関係法-弁護士法律相談
旅行法
国際法務
M&Aセミナー
FAQ
お問い合わせ・法律相談
弁護士がこっそり教える「社長のM&A学」
成功する経営者の13項目
弁護士金子博人の
エッセイを、
雑誌Lawyersに連載中
金子博人のエッセイ
金利スワップ・仕組み債
の被害回復には
専門家の力が必要です。
金利スワップ・仕組み債 専門サイトはこちら
知財関係について提携しています。
鈴榮特許綜合事務所
FAQ (よくある質問とその回答)

損害賠償、保険の諸問題
  損害賠償、保険
    ・ 加害者側の保険会社と交渉が進展しません...
    ・ 妻が、胃がんの発見が遅れて死亡...
    ・ 出展者のために動産総合保険をかけておいたのですが
    ・ 告知義務違反で保険金は払えないといわれました


損害賠償、保険


夫が交通事故で死亡し、加害者側の保険会社と交渉していますが、はかばかしく進展しません。どうしたらよいでしょうか。
  保険会社の場合、当事者だけだと保険金額を極力低く算定します。交渉を弁護士にバトンタッチしたほうがいいでしょう。だいぶ増額が図れます。

妻が、胃がんの発見が遅れて死亡してしまいました。医者を訴えることができますか。
  医療過誤訴訟は、手間のかかる訴訟ですが、患者側が勝訴した例も多数蓄積されています。専門家とよく相談すべきでしょう。

業者を集め見本市を開催したところ、夜間、出展品が盗難にあってしまいした。その際、出展者のために動産総合保険をかけておいたのですが、保険会社は当社の所有物が被害にあったわけではないなどといって保険金を払おうとしません。何とかなりませんか。
  保管物保険のほうが適切だったかもしれませんが、保険は第三者のためにもかけることも可能です。場合によっては、直接の被害者が受益の意思表示をしてもらって、保険金を請求するという手もあります。

保険会社から、告知義務違反で保険金は払えないといわれました。何とかなりませんか。
  約款には、通常、告知内容について保険会社側がそれを知っていたか、あるいは過失で知らなかった場合は、保険契約を解除できないとなっています。諦めないで、弁護士に相談すべきでしょう。
 



[HOME] [法律事務所の利用について] [弁護士のプロフィール] [アクセス] [第4次産業革命 IOTの戦略]
[M&A] [民事再生、企業再生、破産、倒産とM&A] [事業承継] [相続] [医療法人のM&A] [学校法人のM&A]
[海外移転支援] [為替デリバティブ(通貨オプション・fxオプション)] [税務訴訟] [知的財産権と著作権]
[不動産関係法-弁護士法律相談] [旅行法] [国際法務] [M&Aセミナー] [FAQ] [お問い合わせ・法律相談] [ENGLISH]
金子博人法律事務所(M&A・企業再生・民事再生・破産・倒産・相続)
東京都中央区銀座8-10-4 和孝銀座8丁目ビル7階 [Google マップ]
TEL : 03-3574-8535 / FAX : 03-3574-7144


Copyright © 2018 金子博人法律事務所 All Rights Reserved.

M&A・企業再生・民事再生の弁護士-金子博人法律事務所