FAQ (よくある質問とその回答)

刑事事件
  刑事事件
    ・ 息子が覚せい剤で逮捕されました
    ・ 不起訴処分というのはどうすれば取れるのですか
    ・ 接見禁止でも、弁護人は接見できるのですか


刑事事件


息子が覚せい剤で逮捕されました。これからどうなるのですか。すぐに保釈は取れないのですか。
  警察は逮捕すると、48時間以内に送検します。検察庁は24時間以内に勾留請求します。勾留は、10日間ですが、一回だけ10日間延長できます。実際は、延長が常態化しています。検察官は、勾留中に起訴するか、起訴猶予にするか、略式請求し罰金事件にするか決めます(覚醒事件では罰金はありませんが)。保釈は、起訴されないと請求できません。取調べ中は保釈という制度自体がないのです。

不起訴処分というのはどうすれば取れるのですか。略式の罰金で処理されるのはどのようなケースですか。
  不起訴処分で多いのは、まず、嫌疑不十分です。起訴するだけの証拠が整わないという場合です。また、軽微な事件で、かつ、被害者と示談が成立するなど被害回復したようなときも不起訴ということがありえます。略式起訴は、軽微な人身事故や、交通違反などで、懲役や禁錮よりも罰金で処理するのが適切というケースです。

接見禁止でも、弁護人は接見できるのですか。
  できます。そのときは、被疑者と二人だけで、警察官の立会いなどはありません。時間や回数にも制限はありません。
 

M&A・企業再生・民事再生の弁護士-金子博人法律事務所